2016年の最新モデルのテレビを壁掛けで観るなら、東芝の TOSHIBA REGZAがおすすめ

場所をとらなかったり、室内をオシャレに演出できるので、テレビをテレビ台だけでなく、壁に掛けて使用したいとお悩みの方も多いのではないでしょうか。
しかし普通はテレビを壁に掛けられるようになっていませんよね。

東芝のREGZAならオプションでそのテレビに合った壁掛け金具を購入することができますので、テレビに金具を取り付けて壁に掛ける事が出来ます。
しかし壁に穴を開けるので注意外必要です。
では2016年 TOSHIBA REGZA のご紹介していきます。
2Kと4Kを国内で初めて発売したモデルもREGZAで、他社と比較しても積極的に4Kなどの高画質画面のテレビに力を入れています。
機種も高性能高画質の最上級モデルから必要十分なコストパフォーマンスに優れる機種までさまざまなラインナップがあり、また壁掛けなどで使用しても問題の無いスリムな設計になっています。
最新のREGZAを使ってゲームなどをプレーする際に、高画質な画面にゲームを操作した際のタイミングを調整する機能を組み合わせることによってプレーヤーの直感的な操作性をサポートを実現しています。
REGZAのモデルは直下型LEDバックライト搭載を搭載しているモデルも多いので画面の一部分が暗いなどとなりづらく、より明るいパネル表示を実現し、快適な4Kライフをサポートしています。
また東芝は家電部門から撤退を決定したため、今後手に入れることも難しなりつつあると予想されますので、テレビを買い替えを
ご検討の方は今が買い時でしょう。

Just another WordPress site