部屋のインテリアに合ったテレビ用壁掛け金具を選ぶ

リビングなど、家の中で家族が集まる場所には大型のテレビを置いているという家庭は多くあります。十分な広さのあるリビングであれば、大画面のテレビを置いてもそれほど圧迫感を感じませんし、動線を妨げることもありません。しかし、マンションなど、間取りにあまり余裕が無い住まいでは、大型のテレビを導入すると部屋のスペースを無駄に占拠されてしまい、使いづらい部屋になってしまうことがあります。
特にテレビに合わせて大きなAVラックを選ぶと、更に部屋の空間を圧迫する事につながります。
床を広く使い、部屋をすっきりと見せるのであれば、テレビを壁掛けしてしまうというのも良い方法です。壁面に取り付けるため、床のスペースを空けることが出来ますし、掃除するときにも便利になります。
壁掛けのラックを併用することもできるので、ハードディスクレコーダーやゲーム機など、スペースをとるものも壁面に納めることが可能です。
壁掛け用の金具は、デザイン性や機能性に優れた物も多く、インテリアの雰囲気を壊すことなく使用できますし、内部に配線を隠せる物もあるので、配線によってテレビ周りがゴチャゴチャしてしまうこともありません。
アームが付いているモデルであれば、取り付けした後も画面の角度や高さを使いやすいように自由に調整することができるので、一人で視聴する、あるいは家族で視聴するなど、使用するシーンに合わせて角度や高さを変えることができます。

Just another WordPress site