2016年SONYの壁掛けテレビの最新はソニーのandroidプラス4K

2016年のテレビはフルHDのさらに4倍の解像度をほこる4Kテレビが最新です。ソニーのブラビアシリーズはandroidと4Kが一体化したものがトレンドです。androidはスマートフォンのOSとして有名ですが、SONYのブラビアではさらに4Kの解像度とすることで、インターネット動画とテレビを同時に楽しめるものとなりました。
最近は、壁掛けテレビが人気となっていて、新築住宅などでは壁掛けが主流になりつつあります。ソニーのブラビアは見た目のデザインもスタイリッシュなため、壁掛けにすることで、さらにスタイリッシュなお部屋に変わります。壁掛けのメリットは、今まで視線がやや下になっていたものが、映画館のスクリーンのような臨場感が楽しめます。ソファーに座りながら楽な姿勢でテレビとインターネット動画を楽しめるのがソニーの壁掛けテレビの特徴です。
壁掛けにするメリットはそれだけではなく、掃除などの普段行う家庭の日常生活でもとても役立ちます。今まではTVボードの上に置かれていたため、台にほこりやゴミがたまりやすく、掃除もしにくい状況でしたが、そんな状態をすっきりさせてくれます。TVボードとの隙間ができることで、ホームシアターとの相性も良くなり、スッキリとした見た目になります。また、子供が小さいうちはよく画面を触りがちですが、高さのある壁掛けテレビでは小さいうちは届かない高さに設置することで、画面が汚れるのを防ぐこともできます。

Just another WordPress site